移動が楽しくなる、地図塗りつぶしアプリ『マッピング!』

GPSを使ったアプリで私が最もハマっているのが地図塗りつぶしアプリの『マッピング!』(MyAllTracks)
通った道すべてをまとめて地図に表示してくれるアプリです。
Androidのみ対応の無料アプリです。

私はiPhoneを使っているので、iPhone+GPSロガーアプリで移動を記録してandroidタブレットに記録を読み込ませて眺めています。
※iOS向けで『世界の霧』というものもあります。android端末を持っていない方はそちらをどうぞ。

『マッピング!』の使い方は簡単、アプリを起動するだけ。
…ですが、GPSロガー(アプリ)の使用をおすすめします。(理由は後述)

マッピング - GPSログまとめて全部記録

マッピング – GPSログまとめて全部記録
開発元:MyLiteApp
posted with アプリーチ

『マッピング!』2つのモード

ヒートマップモード


通過すればするほど熱くなる!
通過回数に応じて塗られる色が青から赤へ変わっていくモードです。

アドベンチャーモード


暗闇の世界に明かりを灯せ!
通過したところだけ地図が表示されるモードです。

マッピング!の機能

塗りつぶし面積表示

どれだけ塗りつぶしたか、塗りつぶしたマスの数と面積が表示されます。
世界各国の面積と比較することもできます。

期間フィルタ

指定の期間で通った場所だけを表示する機能です。
データが莫大になるので、それぞれのマスでは初めて通過した日時、最後に通過した日時、通過回数だけを記録される仕様になっています。
そのため3回以上通過しているマスでは、2回目から最後より1回前の通過日時は記録されないので指定期間によっては表示されないので簡易的なものだと思ってください。

写真を登録

それぞれのマスに小さい写真を登録することができます。
小学生の頃にやったかもしれない、写真付きの町内地図を作るような感覚ですね。
私はこの機能を使用していませんが、写真と地図を結び付けたい方はどうぞ。

SNS投稿機能

Twitterなどにスクリーンショットを投稿することができます。
ハッシュタグ #myalltracksで皆さんの塗りつぶしが見られます。

現在地表示(青丸)をしたまま投稿すると居場所が特定されるので、【Settings→現在地の表示切り替え】から必ず非表示にして投稿しましょう。

『マッピング!』はGPSロガーと一緒に使うのがおすすめ

『マッピング!』ではGPSロガーで記録したファイルを読み込んで、表示することができます。

kmlまたはgpx形式に変換あるいは記録できるGPSロガーがあればより正確に塗りつぶされたマッピングを楽しめます。
と言うのも、『マッピング!』にしてもGPSロガーにしてもGPSを使う以上は大きな誤差が出る、位置飛びすることが多々あるからです。
マッピング!単体で記録すると位置飛びしても修正はできないので(1マスずつ完全にデータを消去する荒業だけになります)、行ってもない場所が記録されてしまうのは人によっては気になると思います。
自分はすごい気になります。

GPSロガーアプリがあれば仮に位置飛びしても『カシミール3D』のようなGPSログ編集ソフトを使えば後から修正することが可能で、移動の記録を別で保管することができます。

バックアップは定期的に

端末の破損や機種変更、画面の表示がおかしくなった場合はバックアップファイルを読み込ませると復元ができます。
私が使ってる端末はポンコツアンドロイドなので、GPSログファイルをまとめて読み込ませようとするとよくフリーズして塗りつぶし面積がおかしなことになってしまうんですよね…。(面倒ですが一つずつ読み込ませてます)
何が起きるかわからないので、【Settings→データバックアップ】からバックアップをとり、かならず別の媒体で保存しておきましょう。

マッピング - GPSログまとめて全部記録

マッピング – GPSログまとめて全部記録
開発元:MyLiteApp
posted with アプリーチ

シェアする

フォローする