宮島と岩国、セットで行きがち問題

二日目。特に行き先が思い浮かばなかったので宮島と岩国へ行ってきました。
この組み合わせは何度目か…。

どちらもJR山陽本線に駅があって宮島口から岩国まで普通列車で20分ちょっとですからね。
あと広島方面への列車は岩国始発(一部除く)で必ず座れる。
だから広島市内→宮島→岩国→広島市内という経路が自分の中では確立されています。
(宮島口で座れなくても広島まで30分ですが・・・)

1日目⇒尾道の桜と広島の桜

宮島へ行こう

広電 銀山町電停
広電乗って広島駅に行ってー


広島 11:00発 普通 大野浦行き
岩国行き(3両)が混んでたので、一本後の大野浦行きに乗って宮島口へ行ってー
(詰め込める余地は全然あるけどドア前ガーディアンが多い)

宮島フェリー乗り場
宮島口駅から地下通路を通ってフェリー乗り場へ行ってー

宮島フェリー
JR西日本宮島フェリーに乗る!
青春18きっぷでJR西日本宮島フェリーに乗れるので18きっぱーには関係ないですが、いつの間にか(2018年3月17日~)交通系ICカードが使えるようになってました。
JR各社のカードとその他いくつか
宮島口側には改札がないので乗船券や切符と同様にそのまま乗船。宮島に着いたら改札でタッチして支払い。


船に乗って10分ほどで宮島
お昼の12時。世はまさに大昼食時代!!
美味しいもの食べたいけど混んでるところでメシ食いたくねえ~

宮島
厳島神社の方へ歩く
ご飯は神社行ってからでいいかなーって

宮島 牡蠣のどて焼き
屋台でついつい牡蠣のどて焼きを購入。
海を見ながら食べる牡蠣。うまい。

中途半端に牡蠣を食べてしまって食欲スイッチがオンになってしまった。
至る所に牡蠣だの穴子だの…

旅館『錦水館』の1階に『まめたぬき』なる食事処があったので入店。
穴子の陶箱飯が気になってな…

まめたぬき 宮島づくし
『宮島づくし』
穴子の陶箱飯と穴子の薄造り、そしてカキフライ。
牡蠣も食べたいけど穴子も食べたい…片方を我慢することなく両方食べる圧倒的ソリューション
穴子の陶箱飯は宮島名物のあなご飯とは異なり焼かずに蒸すスタイル。この辺りでは珍しい(?)

個人的には焼いてる方が好みですが、これはこれで。
カキフライもなんとなくセットでついてるわけじゃなくてちゃんと美味い。


食後の散歩
今日もええ天気じゃ

厳島神社

厳島神社
ご飯を食べてる間に数十cm潮位が下がってしまいましたが、なんとか浸ってる状態の厳島神社です
(満潮時刻から約1時間半後の状態)


鳥居を背景に写真を撮ろうとする観光客の列(主に外国人)
後ろに並んでる人が前の人を撮ってあげるという謎ルールが形成されていました

宮島散策(概ねいつも通りなルート)


こちらからだと順光になるので…

厳島神社の鳥居と海
ちょいと撮影
こちら側から撮るのは意外と初めて

あとはいつも通りのコースを歩いてフェリー乗り場に戻ります


帰りは宮島松大汽船で。
JR西日本宮島フェリーに合わせてか、こちらも交通系ICが使えるようになっていました

岩国へ行こう

14:17 宮島口駅に戻る。
13分発の岩国行きを逃したと思ったらなにやら遅れが発生している様子。

227系 Red Wing
暇を持て余す

22分遅れで岩国行きが来たので乗車
宮島口 14:13(14:35)発 普通 岩国行き

岩国駅 新駅舎
15:03 岩国駅到着
いつの間にか新しくなってる!


新駅舎外観はのちほど

バスで錦帯橋へ

錦帯橋と桜
ずいぶん時間がかかって15:40に錦帯橋到着
急げ急げ

岩国城(と錦帯橋)


今回は初めて岩国城へ行くので錦帯橋は素通りしていきます
帰りにゆっくり見ればいい

岩国城ロープウエー
15:55 岩国城ロープウエー乗り場に到着
岩国城の入館が16:30なので急いでやってきました


上へまいりますー


山頂に着いたらウェルカム桜吹雪

岩国城
岩国城天守


橋の模型とか


刀の展示とか
内部は全面的に撮影オッケーでした

岩国城からの眺め
てっぺんからの岩国の眺め
川の曲線美よ(?)


桜の花びらブワァー!!
小高いところに建ってるだけあって眺めが良かったです

「間も無くロープウェイが発車ロープウェイがロープウェイがロープウェイがロープウェイがロープウェイがロロロロロロロロロロ」とDJが弄ってるような不具合が発生している放送を聞いて下山


帰りはゆったりと錦帯橋を渡って、ついでに下に降りてみた


西日が眩しい
日光の向きと戦い続ける一日だったな…

岩国からバスで広島へ

錦帯橋バス乗り場で広島行きのバスが存在することを知るも、空港と岩国駅を経由して来るから乗れないかもと思って一旦岩国に戻ることに
岩国駅行きのバスを待ってる間に向かいの停留所にやってきた広島行きのバスを見たら空いてる…。
普通に錦帯橋から乗ればよかった_(:3 」∠)_
平日の17時だから空いてるだけで昼間や休日は混むのかなぁ

岩国駅
混雑するバスで無駄に消耗して岩国駅に戻ってきました
広島行きを含めた高速バス乗り場から新駅舎を撮影


18:00 岩国駅前 広島バスセンター行き
最近、広島発着の高速バスの利便性に気づいてしまった

広電 紙屋町西電停 夜
19:25 広島バスセンターに到着。こちらがバスセンター最寄りの紙屋町西電停
乗るときに限って6号線の車両来すぎ問題。
広島に初めて来たときは長ーい連接車にたまげたものだけど、こいつは見ての通りなので混雑が保証されている(?)

19:55 一旦ホテルに戻ってクールダウン
4月が始まったばかりだというのにこの日は岩国で最高26.5℃という暑さでした。

1時間ほど休憩してから夜の街へ

広島の夜 2018春 第二夜 薬研堀編

第一夜は流川でしたが第二夜は薬研堀で!
広電の走る相生通りと交わる通りだけを見れば流川通りの一本東隣にあるのが薬研堀通り
繁華街としての『流川』と言えばこの薬研堀も含まれます。
(流川・薬研堀地区みたいな書き方も見かけます)

夜の薬研堀
夜の薬研堀通りを通っておよそ半年ぶりに『ちょこっと屋へ』
広島の酒を飲むんじゃ
薬研堀通りの東側にあって地名としては銀山町になるけど気にしない
広義ではここも流川だから…!

いつも通り、わに(サメ)の刺身とがんすは食べるとして今回はどうしようかなと

ちょこっと屋 さわらのたたき
さわらのたたき
蓬莱鶴 純米吟醸 奏(ハーモニー)を注文するも残りが少なかったので、旭鳳 純米香醸 八反錦がサービスで

ちょこっと屋 牡蠣の酒蒸し
牡蠣の酒蒸しを富久長 海風土(シーフード)で
牡蠣が好きというわけでもなく日常生活でもスーパーのカキフライを年に一度買うか買わないか程度なのに、今回はめっちゃ食べてる
広島で食べることに意味があるのだろう

あとは
龍勢 番外品 其ノ壱
華鳩 純米吟醸 ちからいっぱい今を咲く
賀茂金秀 特別純米 桜吹雪
を飲みました。もちろん全部広島の酒。
前回行って著しい劣化を感じたのは店員の入れ替わりか何かでたまたまだったみたいで安心したのですが、広島の酒が減ってたのがちょっと気になりました。(それでも飲み比べるには十分な数がありますが)
メニューには書いてあるので飲もうと注文するも品切ればかりで結局おまかせに。これもたまたまだと良いんだけど…。
広島で見つけた良い居酒屋1号店に自分の中で勝手に認定しているので頑張ってほしいところです。

…で、〆
なにかないかなーと薬研堀通りを歩いていたら、気になる店が
ラー油蕎麦…?
ここ数年で地味に全国各地に広まってるみたいですね、知らんけど~
酒飲んだ後の蕎麦も良いなと入店。

ラー油蕎麦 そば郎
『ラー油蕎麦 そば郎』でラー油蕎麦大盛り!
蕎麦だし並みだとちょっと少ないかもなと思って大盛を注文したら普通に大盛だった

ポプラ 新薬研堀店
蕎麦も食べたし広島の夜はこの辺で
ポプラに寄ってからホテルに戻る

広島のおつまみ せんじ肉
いついかなる時だってせんじ肉を欠かしてはいけません

何度も広島に来てるのに、せんじ肉の存在を知ったのは去年の春でした…。
今までの人生なんだったんだー!

3日目へ続く

(2018.04.03)