能勢電で行く!紅葉と牡丹求めて妙見山

今年の紅葉狩りは嵐山と能勢の二本立て。
嵐山は駅メモのイベントのために行ったところがあるので、紅葉狩りとしては今回の方が本命だったりします。
大阪北部の紅葉スポットと言えば箕面(箕面大滝)だと思いますが、過去に何回も行ってるし今年は台風の影響で一部通行止めになって滝まで行けないので、さらに北へ行き能勢の妙見山へ行くことにしました。

大阪府と兵庫県の境にあるので、大阪府と兵庫県を行ったり来たりします。

阪急と能勢電で妙見口へ

意外にも今まで生きてきて能勢電に乗ったことがない…。ついに乗る機会が。
能勢・妙見里山ぐるっとパスを購入しておきました。

能勢妙見里山ぐるっとパス阪急版
阪急版で1,700円(妙見の森ケーブル・リフトの通常営業期間のみの販売)
阪急全線と能勢電鉄の全線、妙見の森ケーブル・リフト、阪急バスの一部区間が1日乗り放題。
能勢妙見山へ行って帰るのに、その都度切符を買うと…
・能勢電鉄川西能勢口~妙見口往復620円(片道310円)
・妙見の森ケーブルが往復690円(片道350円)
・妙見の森リフトが往復690円(片道350円)
と往復で2,000円するので、仮に阪急に乗ることがなかったとしても得。切符をいちいち買わなくて済むから便利。

まずは阪急宝塚線で川西能勢口へ

3100系導入20周年
はじめての乗り換え
川西能勢口 12:14発 普通 日生中央行き

能勢電鉄5100系5124編成
山下で乗り換え
平日の昼ということもあって妙見口行きに乗る人は数人だけでした
山下 12:33発 普通 妙見口行き

能勢電鉄5100系車内
阪急そのままの車内と見せかけて
能勢の里山が描かれたブラインドになってたり写真が飾られてたりする

妙見口駅駅舎
12:44 妙見口到着~

妙見の森ケーブルとリフトで能勢妙見山へ

滅多にバスが来ないところなんで妙見口駅からケーブル黒川駅まで歩いていきます。
休日ならバスの本数が増えるみたい


田舎な感じ




また兵庫県に入った

妙見の森ケーブル黒川駅
写真を撮りながら15~20分ほど歩いて妙見の森ケーブル黒川駅(標高237m)に到着

妙見の森ケーブル 2号車ときめき
いざ乗車


発車15分前に着いたので最前余裕でした(乗客5人)




山上駅(標高460m)
周りの景色を見ながらリフト乗り場へ向かいます

妙見の森からの眺め
おー良い眺め
平地で生きてると、ちょっと上ったところからの景色だけでテンション上がる


リフトに乗る
左右にはアジサイなどが植えられているので、この季節のリフトはほんとに乗るだけって感じですね
遠くの山々でも眺めておきましょう

12分ほどぼーっと過ごして妙見山乗り場(標高587m)に到着
すぐ横に展望台があったので上がってみる

妙見山リフト乗り場横の展望台から
遠くに大阪湾が見える

無漏山眞如寺境外仏堂能勢妙見山

妙見山リフト乗り場から少し歩くと能勢妙見山に到着

日蓮宗霊場能勢妙見山 鳥居
また大阪と兵庫の境。鳥居をくぐると大阪府
ここで疑問が一つ。
寺なのに鳥居? いやいや、そんなことじゃなくて寺号がないこと。
たとえば比叡山延暦寺、高野山金剛峰寺、山に建っていなくても大内山仁和寺や音羽山清水寺…みたいに○○山(山号)のあとには××寺(寺号)が続くじゃないですか。
でもここは寺号がない。(山号がないお寺は普通にある)
じゃあ一体何寺なんだと公式サイトを見たら眞如寺というお寺が数km北にあって、その飛び地境内とのこと

正式名称は
無漏山(山号) 眞如寺(寺号)
境外仏堂(離れたところにある) 能勢妙見山(←この『山』は何?)

ややこしや…

能勢妙見山 神馬と紅葉
神馬



能勢妙見山 星嶺
仏教寺院としては変わった建物『星嶺』
北極星信仰の地ということで上から見ると星の形をしている
イベント時を除き一般人は入れません

能勢妙見山 山門
鳥居をくぐると大阪府、山門をくぐるとまた大阪府
一体いつから兵庫県に入っていた・・・?




本堂内部の撮影はダメなので横から

お浄&るりりん
お浄&るりりんとは


近くに三角点があるみたいなので寄ってみる


どっちだよ…
奥にひっそりとありました

山を下りる

一通り見たし、お腹も空いたので下山します。




←ショートカット(落下)


リフト乗り場横にある大黒堂


ケーブル山上駅までの道から
帰りは満席でした。
ケーブルカーから麓の町並みを撮りたかったのでちと残念。

妙見口駅前で昼食

三角点から1時間ほどかかって妙見口駅前まで戻ってきました。
駅前のお店にいざ入店。もう15時半っすよ

かめたに本店 ししなべ味噌煮込みうどん
かめたに本店でししなべ味噌煮込みうどん 肉増し!
(肉増しなのに肉が見えないのも…と撮るために一枚はっきり見えるようにしてますが残りは埋もれてます)
記事タイトルの牡丹とは猪肉のことでしたー。
ぼたん鍋は事前の予約が必要みたいですが、こちらは予約不要。

この辺なら猪肉があるだろ(適当)と猪肉を食べる前提でここまで来たので食べられてよかった。
何気に野菜も美味い。

このお店ではお土産も販売しているので、いろいろ買いました。
豊能・能勢だけでなく隣の丹波篠山のものも扱っているのは大阪と兵庫の境らしい

ヤーコンサイダー
ついでに豊能町ご当地サイダーの『ヤーコンサイダー』なるものを注文
ヤーコンってのは根がサツマイモみたいな形をした植物。サツマイモと同様に根を食べるもの。
ヤーコンという名のイメージ(?)から変な味がしそうなサイダーだなと思って好奇心で注文したけど、飲んでみると梨みたいな風味がしておいしい。

ついでに能勢電鉄完乗

このまま帰ってしまうと山下-日生中央間が未乗区間として残ってしまうので、特に用はないですが乗り潰しのため日生中央へ行きます。

・妙見口 16:14発 普通 川西能勢口行き
・山下 16:25発 普通 日生中央行き

日生中央駅ホーム
これにて能勢電完乗です…

せっかくなので改札を出てみる

日生中央駅
おお、広々…
駅に隣接している商業施設の日生中央サピエにも入ってみて、1杯2,000円ほどするラーメンがメニューにある店が気になりましたが、煮込みうどんを食べたばかりなので入らず。
また来るようなことがあれば行きたいな(いったい何年後になることやら)

あとは特に寄り道もせず帰宅

豊能町(?)みやげ

豊能町みやげ
豊能町(で買った丹波篠山の会社が製造した)土産だったりしますが
まあ市町村で考えず、広く『あの辺』のおみやげということで

2017.11.16 Nikon1 J5 Apple iPhone 7 Plus