【駅メモ!】トロッコ列車で嵯峨嵐山巡り

京都の『嵯峨野観光鉄道』と位置情報ゲーム『駅メモ!』のコラボイベント『もみじと行こう!トロッコ列車で嵯峨嵐山巡り』を攻略してきました。
比較的観光客が少ない10月のうちにやるつもりがだらだらと延期していたら紅葉シーズンに突入してしまいました。
多客期に入ると平日でも当日に座席を確保するのは困難なので、前日に予約。
見頃よりちょっと早いのと平日であること、そして一人ということもあって窓側の席が取れました。

予約することで必ず行かねばならない状況になったのは延期癖のある自分にとっては良かったのかも…
嵯峨野観光鉄道のトロッコ列車は去年の4月にも乗っているので今回は乗らなくても良いのではと思いましたが、コラボイベントなので企画側の意図に沿うよう(?)乗ることにしました


京都市営地下鉄×駅メモ!の地下鉄に乗るっイベントの記事はこちらから

嵯峨嵐山巡り ~前半~


ここちょっと消えてますね、59番というでんこがいたんですけど…
イベント名に『もみじと行こう!』とありますが、もみじがいない_(:3」∠)_
ここ最近の新でんこ連続して引けてない問題

寝坊して家でのんびりしていたら、京都に着いたのは12時過ぎ。
京都 12:27発 普通 園部行きで嵯峨嵐山駅へ向かいます。


12:45 嵯峨嵐山駅到着
いい天気だ

予約した列車が14:01発で1時間ちょっとあるので、先に2カ所をチェックインしに行きます。

当初の計画では…
落柿舎→常寂光寺→大河内山荘→野宮神社と反時計回りに巡ってトロッコ嵯峨駅からトロッコ列車に乗車
終点のトロッコ亀岡からJR馬堀駅まで歩きJR山陰本線(嵯峨野線)で嵯峨嵐山に戻る
あとは宝厳院→渡月橋と行きミッションコンプリート。そのまま渡月橋を渡って阪急嵐山から帰る

だったのですが、京都に来たのが遅くなったため大胆なチャート変更をせざるを得なくなりました(以下、滅茶苦茶な攻略の様子をご紹介します)

※ちなみに効率重視ならトロッコ嵯峨ではなくトロッコ嵐山駅を利用した方が余計に歩かなくて済みます。

落柿舎

まずは落柿舎(らくししゃ)
全国各地で何度も句碑やらなんやらで遭遇しているあの芭蕉をはじめ、名だたる俳人が訪れたという庵


柿には気を付けよう!
庵主じゃなくて柿主

落柿舎
ちょうど柿が実っている




良い句ができたらどうぞ




芭蕉さん

落柿舎には俳句みくじなるものがあって、気になったので引いてみると…

落柿舎の俳句みくじ
また芭蕉だ!また芭蕉だ!!

野宮神社

落柿舎の次は野宮神社へ向かいます。野宮と書いて「ののみや」と読む。

嵐山の竹林
bamboo

野宮神社の鳥居
黒木の鳥居
樹皮を剥がさずそのまま使用されている珍しい鳥居

野宮神社
紅葉シーズンの休日に京都とか紅葉じゃなくて人を見に行くようなものなので、平日なら大丈夫だろうと思いましたがそのような考えは通用しません。
休日はどうなるんだ…

トロッコ列車に乗る

トロッコ列車の発車時刻が近付いてきたのでトロッコ嵯峨駅(JR嵯峨嵐山駅の隣)へ

トロッコ嵯峨駅のSL
駅の広場にはSLが展示されています


キスギィ!

嵯峨菊
嵯峨菊
なんかすごい咲き方だ…

トロッコ列車の車内から

菊を鑑賞していたら改札が開いたのでいざ乗車
駅のホームで列車を撮る空間的余裕はないです

・トロッコ嵯峨 14:01発 嵯峨野11号 トロッコ亀岡行き


色づいてますねぇ!


保津川


なお、車内は…
これでも空いてる方か…?

トロッコ列車に乗るのは二度目なので窓側ならどっちでもいいやとe5489で適当に予約しましたが、初めて乗るならトロッコ亀岡行きなら進行方向右側トロッコ嵯峨行きなら進行方向左側にした方が保津川と山々を長時間見ることができて良いです。
今回はトロッコ亀岡行きで進行方向左側の窓側の席だったので、序盤に保津川と紅葉が左側に見えて、中盤から見どころ反対側へ移る流れになりました。
多客期で立ち見客も多く反対側が見えづらいので、景色を眺めるだけならもしかすると立ち見が一番良いのかもしれません。

トロッコ亀岡から馬堀駅へ

14:24 終点のトロッコ亀岡に到着
再び嵐山へ戻るため、JRに乗り換えです。


のどかな乗り換え


馬堀駅
ちょうど列車が行ってしまって何もやることがない( ˘ω˘)
駅前にはローソンがあるから寄ればよかった


馬堀 14:55発 普通 京都行き
乗 客 0 人

終点・京都駅の山陰本線(嵯峨野線)ホームが櫛型で降りたら前へ進むしかない構造のため、前の方の車両に乗客が集中して一番後ろの車両はこの通り


JRから保津川が見られないこともない
ただ、トンネルとトンネルの間の一瞬なので上手く撮れるかは己とカメラの反応の速さ次第
なんだこりゃ

嵯峨嵐山巡り ~後半~

再び嵯峨嵐山駅に戻るともう15時
残りのミッションは4つ。渡月橋以外の3ヵ所は拝観(営業)時間が17時までと限られています。
あと2時間…。
イベントに参加する以上は指定場所の近くでチェックインするだけじゃなくてしっかり入場したい。
一つ一つをかなり短縮して巡ることになります。どうしてこうなった(どう考えても寝坊のせい)

常寂光寺

嵯峨嵐山駅からまーた1kmちょっと歩いて常寂光寺へ。
最初に訪れた落柿舎の近くです。

常寂光寺仁王門
仁王門

常寂光寺境内の紅葉
あっ、石段の並びがなんかいい感じ

常寂光寺本堂
本堂

大河内山荘庭園

はい、次。
入場料大人1人1,000円 高い!


でも、抹茶とお茶菓子込みならそうでもないかな?
お茶でも飲んで一旦落ち着きましょう(タイムリミットまであと1時間)


園内をゆっくり回る時間もなく何か撮るだけ撮っておこうとした結果
意図不明のひどい写真が

宝厳院

はいはい、次!次!
天龍寺宝厳院です。
天龍寺は過去に一回行ったけど、宝厳院の特別拝観は初めて。

宝厳院嵐山羅漢
嵐山羅漢
突然の羅漢像にびっくり

いざ入場~

橿原ららと宝厳院
思い・・・出した!!
もう終盤。
ここに来て、駅メモコラボイベントなのに駅メモおでかけカメラで写真を撮ってないことに気付く
これで良し!

駅メモ奈良イベント?ちょっと何言ってるか分からないですね。
(チェックインする場所が多く広範囲過ぎてやる気が出ないまま期間が終了しました。天照ラッピングは欲しかったなぁ)

宝厳院の紅葉


出口の紅葉のトンネルはまだ早かった

渡月橋

なんとか17時までにすべて入場できたので渡月橋へ。

新居浜ありすと渡月橋
ごーる!


終わり!平定!

ここでタイマーストップ。
記録は嵯峨嵐山駅到着時点から3時間50分でした。(突然の嵯峨嵐山巡りRTA)
効率よく巡ればもっと短縮できます。
しっかり見て巡ればもっと長くなります。
効率よく一カ所ずつ丁寧にゆっくり見て行くなら5時間ほど時間が欲しいところでしょうか。

嵐山から帰る

トロッコ列車を撮りたくて――
渡月橋まで来たのにまた嵯峨嵐山駅に徒歩で戻ります。

嵯峨嵐山駅 駅舎
三度目の嵯峨嵐山駅
入場券を購入して入場します。

嵯峨野観光鉄道 トロッコ列車
嵯峨嵐山駅からトロッコ嵯峨駅の方を向いて…
トロッコ列車に乗るのがメインのイベントなのに、記事を書くにあたって外観の写真がないのはちょっと…と思いわざわざ撮りに戻ってきました。
とりあえず撮れたら柵とか柱とかどうでもいいという雑さが光ります。
これで撮れ高OKということで…

記念撮影を終え、嵯峨嵐山駅から渡月橋近辺の土産屋でお土産を購入。
今度こそ渡月橋を渡って阪急嵐山駅へ。
日も沈み、観光客が急に減りました。

夜の阪急嵐山駅 駅舎
夜の阪急嵐山駅

夜の阪急嵐山駅ホーム
ホームの明かりが結構好き

嵐山 18:01発 普通 桂行き
桂で乗り換えて家のある方へ

今回のおみやげ


今回は結構買っちゃいました

京ばあむ
もはや京都へ行かずとも大阪市内のスーパーで売ってることもある京ばあむを2つ

ぴこまるん 金平糖もみじ
渡月橋近くの『嵐山まるん』で金平糖と日本酒(あとお芋チップス)を
店内は繊細で可愛らしいお菓子が多かったですね。女子力上がる(?)
こちらの金平糖は紅葉をイメージしたもの。良い。

金平糖が好きないろはと合わせて撮りたかったのですが上手くいかなかったのでボツになりました
おでかけカメラ、ピント位置と露出を変えられるようにならないかな…

コラボ駅弁も忘れずに

イベント期間中は駅弁『きつねの鶏めし』が駅メモコラボデザインで販売されています。
見つけ次第入手すべし。

駅メモコラボ きつねの鶏めし
販売開始数日後に大阪駅のアントレマルシェで買いました
(一部でんこを隠してしまう痛恨のミス。また買えたら撮りなおそう)

2017.11.10 Nikon1 J5 Apple iPhone 7 Plus
※きつねの鶏めしは2017.09.15撮影

シェアする

フォローする