高校野球と和歌山ラーメンと

まーたー夏がーくーるー
もはや毎年恒例、紀三井寺球場へ全国高校野球選手権和歌山大会を見に行ってきました。
5年連続5回目の観戦です。
高野連の方針により動画撮影どころか写真撮影も厳しくなって、球場および周辺(定義が曖昧)の写真は使えず記事にするには撮れ高が非常に少ないので【記事にされなかった7-9月の出来事総集編】の一部にするか単体の記事にするか悩みましたが、延ばせば単体の記事でいけそうなので、10倍に薄めたカルピスのような内容の薄さで書いていきますよ~

JR阪和線経由で紀三井寺球場へ行こう

大阪から和歌山へ行くには南海かJRになるわけですが、今回はJRにしました。
和歌山市内をバスで観光する予定があるなら南海の『和歌山おでかけきっぷ』
(往復乗車券+指定エリア内のバス一日乗り放題で2,060円、特急指定券付きなら2,570円)
の方が安かったりしますが、試合を観るだけなのとしばらく阪和線に乗ってない気がするので今回はJRです。

・大阪 8:39発 関空快速 関西空港行き/紀州時快速 和歌山行き
阪和線特有の初見殺し快速です。前4両が関空行き、後4両が和歌山行き
車内でも何度か案内がありますが、車内が騒がしかったりすると聞こえないので気を付けよう!
関空へ向かうはずのおばちゃん4人組がおしゃべりに夢中で和歌山方面へ連行されたのを見たことがあります。
(うるさかったので内心ざまあみろと思いましたがw)




阪和線の車窓から

・和歌山 10:16発 普通 御坊行き

JR 紀三井寺駅 駅舎
10:30頃 紀三井寺駅到着
ここから球場まで歩くと3kmほどあるので干からびます。バスは1時間に1本。
さっさとタクシーに乗ればよかったのですが、駅舎を撮ってたらタクシーが全部行ってしまわれた。
和歌山駅からバスが最善手ではありますが、混雑するバスの2人掛けの席で横幅の広いおっさんと球場最寄りまで密着する悪夢を2年前に経験したので…

11:00頃 紀三井寺球場到着

第99回全国高等学校野球選手権和歌山大会3回戦

入場券や球場内には撮影に関する注意書きは無かったものの、場内アナウンスで動画撮影は禁止と聞こえた気がしたので(声が小さい)、多分写真もダメだろう…。
仮に今はOKだったとしても遡及してNGになるとめんどくさいので写真無しです。
選手個人を撮らないにしても球場全体のパノラマ写真くらいは載せたかったなぁ
紀三井寺球場イイトコ

第一試合 星林 9-10 田辺工業
星 林 311 012 100 │ 9 H11 E4
田辺工 001 015 30x│10 H13 E5
到着したのは8回表。
スマホで確認したときは8-2と星林が6点リードしていたんですが、タクシーを待ってる間に逆転してた…。

第二試合 南陵 2-10x 智辯和歌山 (8回コールド)
南 陵 100 000 01 │ 2 H7 E0
智 辯 010 020 16x│10 H14 E2
8回表一死満塁で4番というピンチでセンター方向へ打たれるもセンター津田の好守で1点に抑えられたのは大きかったですね。
試合が進むにつれて攻守共に良くなってきてコールド勝ちはしたものの、序盤の四死球と守備の乱れが気になりました。

和歌山ラーメンと寿司の和歌山システム

バスの混雑が嫌なんで、あえて逆方向の海南駅行きのバスに乗ります。(ここ3年 このパターン)

競技場前からマリーナシティ経由海南駅前行きに乗車


海が見える見える
窓越しに撮ったものを無理やり編集してなんか気持ち悪い仕上がり…

JR 海南駅 駅舎

海南駅 駅名標
ここ~南海の~

14:40頃 和歌山駅到着

和歌山ラーメンと早なれ寿司
水 分 補 給
野球観戦で失った水分と塩分を補給しましょうね~
和歌山ラーメンの店には早なれ寿司があるので、今回は初めて一緒に食べることにしました。
この和歌山ラーメンの寿司システムがよく分からんのよね…。
カウンターに取ってくれと言わんばかりに等間隔で積まれてるので、勝手に食べて後から申告するものなのか、ラーメンと同時に注文するものなのか…。
調べたところでは勝手に食べて会計時に自己申告が多いみたいらしいけど、今回行った店ではラーメンの注文と同時に「寿司一つ」と言いました。
もし自己申告制じゃなかったら怖いし、これなら安全。
注文したら「前から取ってください」と言われたのでやっぱり自己申告制っぽいです。
(そうでなかったとしても責任はとりません)

和歌山ラーメンは味が濃いので寿司はあった方が良いですね。

食べ○グの評価が異様に高いですが、正直言って普通です。
前回初めて行った時も普通だなと思ったのですが、今回でそれは間違いではなかったと確信しましたw
なんかコップが臭かったのでマイナスです。
次回和歌山ラーメンを食べることがあれば別の店を開拓しよう。


おみやげを買って帰る
最近の和歌山は桃を推してきている?
みかんや梅のイメージが強くて桃の生産量が多いのは知らなかった。

2017.07.22 Apple iPhone 7 Plus

シェアする

フォローする